SMB

SMB2

SMB3

CIFS

NQ™ Storage - SMB implementation for Storage systems

NQ™ Storage

今日の異機種混合型データセンター環境では、Windows系と非Windows系プラットフォームが同時に使用されています。Windowsの世界では、SMB(かつてのCIFS)が唯一のネイティブ・プロトコルのため、非Windows系環境のデータセンターではSMB実装が必要不可欠となっています。そこでVisuality Systemsは、どんなストレージ・ソリューションにも実装可能な、移植性の高いSMBサーバーを開発、リリースしました。NQ™ Storageは何百万ものスキャナー、プリンター、家庭用ルータ等に搭載されている、組込み用途のSMBソリューション「YNQ™」のテクノロジーを継承しています。

NQ™ Storageは、スタンドアローンのNASからハイエンドのデータセンターまで、幅広いストレージサービスに柔軟に実装できる、商用型の高パフォーマンスSMBスタックです。

ここからNQ™ Storageのホワイトペーパー(英語版)をダウンロードできます。

スタンドアローン・サーバー向けNQ Storageアーキテクチャ:

NQ Storage Standalone Server

クラスタリング・ストレージシステム向けNQ Storageアーキテクチャ:

NQ Storage for Clustering Storage System

最新のSMBダイアレクトの実装により、NQ™ Storageは今日のマーケットにおける最高のストレージ・ソリューションです。オープンソースのSambaとは対照的に、NQ™ Storageはプロセス・ベースではなく、スレッド・ベース構造をとっており、リソース消費量が非常に小さい一方で、何千ものクライアント接続、ファイル・オープンといった高負荷にも対応しています。

NQ™ Storageではスレッドプール、内部メモリー管理(バッファーの事前割り当て)、読み込み、書き込み操作時ペイロードのゼロコピーを採用。またサーバー側操作では、ネットワークトラフィックを最小化するために、ファイルコピー、ゼロイング、リマッピング等を使用しています。これらの手法により、Hyper-VやSQLサーバーといった最新鋭のアプリケーションを使用する際のパフォーマンス向上が期待できます。

NQ™ Storageは、Active Directoryで知られるドメイン認証等の主要機能を含むMicrosoftのSMB2・SMB3仕様に完全互換を持っており、これはMicrosoft Protocol Test Suiteでのテストにより保証されています。また、SMB2.0.2、SMB3.0.2、SMB3.1.1のすべてのSMBダイアレクトに対応しているため、最新のWindowsクライアントバージョン、AppleのMacintoshそしてSambaとの接続が可能です。

 

NQ™ Storage のマーケット

  • NAS/SAN
  • ハイエンド・データセンター
  • ストレージ・ソリューション
  • クラウド・ストレージ
  • メディア・ストレージ
  • スタンドアローン・サーバー

NQ™ Storage対応OS

  • Linux/Unix
  • Solaris
  • VxWorks
  • 事実上どんなOSにも移植可能

NQ™ Storage 1.00の特長

  • 最大パフォーマンスを目指した設計
  • 幅広い使用方法と負荷に対応した拡張性
  • SMB2.0.2、SMB3.0.2、SMB3.1.1のすべてのSMBダイアレクトに対応
  • RDMAソリューションの先端プロトタイプ(次期バージョンでフルテスト予定)
  • Microsoft Protocol Test Suite、ユーザーエクスペリエンス確認ツール、異常系テストと負荷試験による品質テスト済み。
  • すべての関連Microsoft仕様との互換性
  • 信頼性のあるサポート・パッケージ

Follow Us

News

2019年5月6日

Visuality Systemsは、組込みシステム向けNQ製品の新バージョン「YNQ™」をリリースしました。アジャイル手法による開発及びコードのモジュール化を導入し、お客様製品の市場に出るまでの時間を短縮。どんな組込みデバイスにもすぐにインテグレーション可能です。

2019年3月8日

Visuality Systemsは、JavaクライアントSMBライブラリー「jNQ」の最新バージョン「1.0.2-br-5」をリリースしました。
本バージョンは、バグ修正に加え、多くの新機能(IPv6、DNS及びNetBIOSトラフィックを含むインターナルパケットキャプチャ機能や、マウントコマンドの向上、パターンマッチングによるディレクトリ検索等)が搭載されています。

2018年11月6日

Visuality Systemsは, 2019年1月30日にIsraelのTel Avivにある、Sheraton Hotelで開催される「SDC EMEA カンファレンス」にスポンサーとして参加します。
本イベントは、SMB相互テストの場として1月28日~31日に行われる「SMB Plugfest」と同時開催となります。
詳細はこちらをご覧ください

 2018年8月12日

Windows XPとWindows Server 2003 でSMBv1が使えない問題を抱えたユーザーは、「NQE™サーバー」を使用し、

古いSMBv1スタックを暗号機能のあるSMBv3の最新バージョンに、シームレスにアップグレードすることが可能です。

2018年7月31日Visuality Systemsは,「jNQ™ 1.0.1」を正式リリースしました。

今までのSMB3.1.1のNQ Javaライブラリーに、セキュリティ機能の追加及びパフォーマンスの向上を行いました。