高性能なSMB(Server Message Block)スタック

NQ Storageは、エンタープライズ分野におけるSMBファイル共有のマーケットチョイス

商用の高性能SMBスタックであるNQ™ Storageは、スタンドアロンNASからハイエンドデータセンターまで、幅広いストレージサービスのための柔軟なインテグレーションに対応しています。オープンソースのSambaとは対照的に、NQ™ Storageはプロセス・ベースではなくスレッド・ベースなので、数千のクライアント接続や多数のオープンファイルなどの高負荷処理を低リソース消費で運用することが可能です。最新の3.1.1までのすべてのSMBバージョンに対応しており、Microsoft、Apple Macintosh、Sambaのすべての最新バージョンのクライアントからの接続を保証します。

NQ™Storageの特徴

- 柔軟なインテグレーション - あらゆるストレージソリューションに対応

すべてのオペレーティングシステムに簡単に移植できるNQ™Storageは、OODアプローチで特別に構築されています。柔軟性があり、ユニークなオブジェクトと簡単に統合でき、Project-dependent層と一緒に提供されます。追加機能:ネイティブのダイレクトコールはなし。独自のトランスポートを追加。

- 拡張性の高いソリューション

NQ™ Storageは、1万コネクションの同時I/Oによる負荷テストをクリアしています。スレッドプール機構により、拡張性の高いコネクションを形成することができます。内部DBは設定可能(プラットフォーム最適化)、メモリ事前割り当て・実行時割り当てのオプションもあります。

- 高いパフォーマンス

NQ™ Storageは、epollsによるメッセージ処理の向上、コアとVFSの分離によるI/O処理の優先順位付けが可能です。ゼロコピーデータハンドリング(IOVEC)により、性能はさらに向上しています。マルチスレッドにより、高可用性と非同期処理を実現します。

- シンプルなランタイム制御

NQ™ Storageは、実行時もユーザー・フレンドリーです。Visuality Systemsは、ランタイム設定の制御を超簡単にしました。NQ™ Storageのユーザーは、ユーザーの追加・削除・列挙、共有の追加・削除・列挙、NQ Storageの終了・再起動、などの操作を簡単に行うことができます。

- Microsoftの関連仕様にすべて準拠

最新の SMB プロトコルと暗号化により、Microsoft の関連規格に準拠したストレージ向けに、最新ソリューションを提供します(Hyper-V、シャドウコピー、SQL Server、マルチチャネル、SMB Direct(RDMA)等。)

- セキュアな認証

NQ™ Storageは、Active Directoryインテグレーション(Join Domain機能)により、ドメインでのパススルー・ユーザー認証を提供します。また、専用のセキュリティ・ディスクリプター・ライブラリにより、ユーザーのセキュリティ・ディスクリプタを管理することができます。

あらに詳しく知りたい方はこちら

NQ Storageは、ストレージソリューションにインテグレーションすることを目的とした、非常にポータブルなライブラリです。NQ Storage
は、スタンドアロン・サーバーまたはクラスタリングソリューションのいずれにも、インテグレートすることが可能です。

スタンドアロン・サーバーとしてのNQ Storage

NQ Storageをスタンドアロン・サーバーとして使用する場合のモデルを図1に示します。

図1:スタンドアロン・サーバーとしてのNQ Storageのアーキテクチャ

図1のSMB Engineモジュールは、アーキテクチャ全体の中心的なコンポーネントで、SMBの構文と、ファイル以外のセマンティクスを担当します。ファイルセマンティクスはPOSIX VFSと呼ばれるVFSモジュールで管理されています。2つのトランスポートモジュール(SocketトランスポートとSMBダイレクト)はネットワーキングを担当します。環境抽象化コンポーネントは、抽象的なシステムAPIを正確なオペレーティングシステムコールにマッピングします。

Visuality Systemsでは、(UD)層と(SY)層を区別しています。ポーティングとインテグレーションの違いを思い出してください。SYはポーティングに、UDはインテグレーションに対応します

クラスタリングストレージとしてのNQ Storage

もう一つのアプローチとして、NQ Storageを図2に示すようにクラスタリング・ストレージ・システムにインテグレートする方法があります。

図2:クラスタリング・ストレージ・システムのためのNQ Storageアーキテクチャ

図2に示したファイルシステムのセマンティクスは、プロトコルの境界だけでなく、ノードの境界もまたいでいます。「永続的ハンドル」や「継続的な可用性が設定された共有」などのエンティティは、1つのノード内で扱うことができないため、NQ Storageの範疇からは外れます。ポーティング作業はスタンドアロンと同じですが、VFSのインテグレーションには多大な労力が必要です。これは、クラスタリングソリューションの場合、POSIX VFSをカスタムVFS実装に置き換える必要があるためです。NQ Storageは明確に定義されたVFS APIを公開しているので、カスタムVFSを実装するには、SMBエンジンとクラスタリングファイルシステム(FS)を接続する必要がありますが、ほとんどのストレージ

のプロバイダーはすでにこれを保有しています。最高のパフォーマンスを得るために、ほとんどのVFS APIコールは、補完ルーチン(コールバック)で非同期に行われます。このアプローチにより、ユーザーはマルチスレッドアーキテクチャの恩恵を十分に受けることが可能です。(下記参照)。

NQ™Storageの利用方法

NDA
締結・承認
お客様のチー
チームによる専門的な評価
Visuality Systems
のサポートとガイダンスによるテスト
Visuality Systems
の保守・サポートと共に実装

What sets Visuality System apart?

実績と専門知識
クリーンなコード
クリーンなコード
24時間365日のサポート
機能追加リクエスト対応
豊富な機能
シームレスなインテグレーション
商用ライセンス

Upgrade Your Product

Upgrade your SMB today with a fully scalable, robust, and continually updated SMB client library with 24/7 dedicated, rapid response support.

Other Visuality Systems Solutions