高い拡張性と堅牢性を誇る、継続的アップデートのPure Java SMB ライブラリ

SMB3をフルサポートする唯一のJavaソリューション

jNQ™ SMB クライアントライブラリは、SMB2およびSMB3が必要な場合、JCIFSライブラリの代替オプションとして、業界第一の選択肢となっています。jNQは常に更新され、最新のWindowsマシンと他の標準的なサーバー製品で広範囲にテストされています。すべての登録特許を含むPure Java で開発されたSMBライブラリ – jNQは、個別具体的で迅速なSMB3プロフェッショナル・サポートで、信頼性、堅牢性、拡張性に優れた製品となっています。

What makes JNQ uniqe?

SMB 3.1.1までの、すべてのSMBバージョンをサポート

Java開発者は、SMB 3.1.1が提供するエンドツーエンドの暗号化により、ファイル共有のセキュリティを確保できるようになりました。古いSMBバージョンの脆弱性を利用したWannacryやPetyaのサイバー攻撃を経験し、jNQのセキュリティ・メカニズムは、今や必要不可欠となりました。

Pure Javaで開発

jNQを使用することで、内部のサードパーティ・ライブラリや、Java以外のコードに接続するためのJava Native Interface (JNI)が必要なくなります。Java開発者たちは、Java言語をサポートするあらゆるプラットフォームを通じて、どんなWindowsマシンにも接続することができます。

唯一の完全なSMB実装

jNQは、SMB共有の暗号化、分散ファイルシステム(DFS)のサポート、Kerberos認証、組み込みRPCサポート(SRVSVC、SAMR、LSA、WINREG)、WSDや自動再接続/再試行の仕組みを含むネットワークブラウジング等、様々な機能を有しています。

シームレスなインテグレーション

jNQのインテグレーションは、ライブラリのドラッグ&ドロップで簡単に行うことができます。jNQクライアントライブラリは、充実したコード例、関連ドキュメント、ガイド付きのサポートと共に提供されます。また、SMBの専門家による継続的な支援とサポートも含まれています。

あらゆるJava環境で実行可能

jNQは、java1.5プラットフォームから現在までのすべてのJavaバージョンをサポートしています。Oracle Java、IBM Java、Open JDKといった主要なJavaベンダーをすべてサポートする、業界唯一のSMB over JAVAソリューションです。さらにjNQのクライアントライブラリは、Androidプラットフォーム上のJavaもサポートしています。

SMB暗号化機能 、Active Directory、Kerberosのサポート

SMB署名に加え、jNQはすべてのSMBトラフィックの暗号化と、事前認証の整合性をサポートしています。Kerberosまたはユーザー名/パスワードを使ったNTLM/NTLMv2(Windows Active Directoryと透過的に)を介して、または、外部で定義されたKerberosチケットやKerberos委任を介して認証します。

マルチスレッド、高度な非同期処理

jNQは、同期および非同期の読み取りと書き込みの両方をサポートし、内部リソース管理も行っています。これにより、マルチスレッドI/O(例えば、複数の共有から同時にファイルを読み込むなど)による性能向上が可能です。

24時間体制のサポート

jNQのお客様は、オンラインヘルプデスクとjNQ開発チームとのオープンなコミュニケーション・チャネルによる、包括的なサポートトラッキングシステムによる、24時間365日のサポートをご利用いただけます。

さらに詳しく知りたい方はこちら

There's No Comparison

Open Source
JNQ
SMB IP
Active support service
File and folder operations: Create, read, write, get info, etc.
SMB Share Encryption​
Kerberos delegation
Network browsing: Browser, WSD
Built-in RPC support: SAMR, LSA, WINREG, SRVSVC
Get list of Active connections
Internal connection cleanup
Retry and internal reconnect mechanism
Changelog

JNQ Functionalities

  • Compliant with all relevant Microsoft specifications
  • Name resolution functionality by means of NetBIOS, WINS, DNS
  • Security: jNQ™ is a tightly secured system offering:
  • Authentication with LM, NTLM, LMv2, NTLMv2, NTLMSSP, SPNEGO and Kerberos
  • Domain (AD) authentication
  • SMB encryption
  • Message signing
  • Pre-logon integrity
  • File and folder operations: create, open, rename, info, setting exclusive access
  • File operations: read, write, read async, write async
  • Network browsing support
  • DFS
  • RPC support: SAMR, LSA, WINREG, SRVSVC, DSSETUP. All of the above are extendable. A generic DCERPC framework can be used for developing more RPCs
  • Transparent fail-over (support of persistent and durable handles)

jNQ利用の4つの簡単ステップ

NDAへサイン
評価版の受け取り
お客様でPOC実行
(ドキュメント及び個別サポートを提供)
プロジェクトにjNQを組み込む

Visuality Systemsの強み

実績と専門知識
クリーンなコード
クリーンなコード
24時間365日のサポート
機能追加リクエスト対応
豊富な機能
シームレスなインテグレーション
商用ライセンス

古いSMBのアップグレード

拡張性に優れ、堅牢で継続的にアップデートされるSMBクライアントライブラリと、24時間365日の個別迅速なサポートで、今すぐお使いの古いSMBをアップグレードしませんか?

Other Visuality Systems Solutions