Visuality Systemsは、「jNQ™1.2.0」をリリースしました。本リリースでは、使用されていないサーバーへの接続を取り除くことで、システムのオーバーヘッドを削減しました。
また、新しいコンフィギュレーション・プロパティの追加や、マルチスレッドでの多くのバグ修正も行いました。